西谷駅・鴨居駅の接骨院なら千丸台接骨院

  • 千丸台接骨院
  • TEL 045-381-3713

Topページ >> ブログ

患者さんから本音を聞き出す問診テクニック

■2014/08/04 患者さんから本音を聞き出す問診テクニック
症状を改善するために必要な情報のうち9割が問診から得られる。

と言っても過言ではないくらい、「問診」は非常に重要なものです。

スパッと症状を改善させるためには、いかに患者さんとの対話で「症状の原因を見つけることができるか?」にかかっています。

つまり、患者さんの本音を引き出して症状の根本・原因を見つけることが重要だということです。

私は患者さんから本音を引きだし、症状の根本・原因を見つけ出すために、「答えを誘導しない」問診を心がけております。

まず、患者さんの本音を聞き出せない問診とは・・・
「言わされている」と患者さんが感じる問診です。

例えば膝が痛い患者さんがいたとします。

この患者さんに対して、「普段、どんな時に膝が痛みますか?」と聞くのは特に問題ありません。

患者さんも、「階段の下りる時に・・・」というかたちで、情報を教えてくれます。

ただ、「階段を下りる時に痛みませんか?」と聞いてしまうと答えを誘導していることになってしまいますよね。

患者さんは「階段を下りる時は痛くないけど、痛いって言った方がいいのかな?」とか、「階段を下りる時も痛いけど、上る時のほうがもっと痛いんだよね・・・」

というふうに、本当のことを言えなくなってしまいます。

本当のことが言えなくなった患者さんは、自分の意図が伝わっていないと感じて不信感を抱きます。

その不信感を持たれたまま治療が進むと必ず良い結果は出ません。

確かに、「普段、階段を下りる時のほうが痛くないですか?」という質問に対して、「何で分かるんですか!?」と患者さんがビックリし、逆に信頼を得ることもありますが、言葉に含ませるニュアンスによっても相手の感じ方は変わるので、一概にどの問診が良いとか悪いとは言えません。

なので、問診の仕方は時と場合によりけりで、答えを誘導しないことが大切だと思います。

* 今月の当院はお盆休みはありませんので、いつでもご利用ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆フェイスブックブログ更新中!!「いいね!」ボタンや「シェア」より是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
千丸台接骨院
http://www.senmarudai.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区新井町463 ニューハイツ石井A-16
TEL:045-381-3713
----------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/qbQq
Twitter:http://bit.ly/1g98ltc
アメブロ:http://p.tl/O3A3
mixi:http://p.tl/agwB
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 酸素カプセル
  • マッサージ
  • ストレッチメニュー
  • よくある質問
  • アクセス
  • 院長ブログ
  • Facebook
  • Ameba
  • mixi
  • twitter